研修事業情報

このエントリーをはてなブックマークに追加
研修の概要
①対象(学則に定める受講資格)
 介護に従事することを希望する者であって、受講するクラスの研修日程において概ねカリキュラムを完了することが可能な者
       ②研修のスケジュール(期間・日程・時間数)と担当教官名
5月土日コース(募集は終了しました)
       ③研修受講までの流れ(募集・申し込み)
1)受講申し込みは下記のいずれかの方法による。なお、資料請求は電話・FAX・当校のホームページで受け付ける。
ア.所定の申し込み用紙に必要事項を記入の上、当校宛てに郵送して申し込む。
イ.当校のホームページから必要事項を入力の上申し込む。
2)申し込み受け付けは先着順にて行い、受講決定通知書と受講料振込の案内を受講者宛てに郵送する。
3)最終受講の決定は受講料の入金確認後に行う。
 本人確認は受講申請受付時または初回受講時において、次のア~カのいずれかにより受講者本人であることを確認する。
ア 戸籍謄本・戸籍抄本もしくは住民票
イ 住民基本台帳カード
ウ 在留カード等
エ 健康保険証
オ 運転免許証
カ パスポート
       ④費用
 60,000円(テキスト代・消費税含む)
 一括払い:所定の銀行口座への振り込み(振込手数料は受講者の負担とする)
 分割払い:所定の信販会社と提携しクレジットを組む
       ⑤修了評価の方法
 筆記試験とし、出題範囲は株式会社日本医療企画発行「介護職員初任者研修課程テキスト1~3」の「(1)職務の理解」から「(9)こころとからだのしくみと生活支援技術」までとする。出題形式は択一問題とし、合否判定基準は100点満点中70点以上とする。                      合格基準に満たなかった受講生に対しては、担当講師による補講を実施した上で、修了評価当日に再試験を行う。補講費用・再評価費用は無料とする。    再試験は2回まで実施するが、2回目の再試験においても合格基準に達しなかった受講生は未修了扱いとする。
       ⑥留意事項・特徴・受講者へのメッセージ
 介護職は人と関わる仕事です。利用者の皆様に満足いただく介護を提供するためには、その「人」をよく理解しなければなりません。介護の知識や技術だけを習得しても、十分ではありません。本院では、相手を慮ることのできる豊かな人間性の醸成をテーマに掲げ、介護の知識や技術に係る講義を行っていきます。本院では、介護の講義を通じ、介護の世界だけではなく、広く社会全体から必要とされる人材の育成を目指します。
       ⑦課程編成責任者および修了評価担当者
      【課程編成責任者】
役職:教育事業部部長
       氏名:川畑 太介